不妊状態の心理と必要な生殖心理カウンセリング:和解期

人間の生殖心理とは子供を作りたい、生みたいという生き物として自然の欲求ですが、自分が不妊であると知った時の心理状態はなかなか想像できないものがあります。学術的にはこれを生殖心理と呼び、人間や動物が子供を作ることで子孫を繁栄させる、本能的な行動に基づく心理とも言われています。
結婚したから子供が出来るのは当然、と考える風潮が人間社会には根強くあります。最近では様々な理由で子供を作らない夫婦が増えていますが、その場合であっても周囲からは批判的な目を向けられてしまうこともあるのです。この人間の行動も潜在的な心理に基づく行動とも言われています。
その為、子供が作れないと知った時には多くの人が周囲に申し訳ないという様な気持ちになってしまう人が多く、自分を責めてしまうことが多いものです。子供が欲しいと熱望している人はもちろん、そうでない人も不妊であると知った時には自分が義務を果たせないような責任感にさいなまれる人も少なく有りません。
不妊と知ってからの人の反応はさまざまですが、多くの場合には治療を行い妊娠する可能性を追求することが多いものです。家族は現実を受け止めてくれることが多いのですが、本人だけは最後まで固執してしまうことも少なく有りません。逆に家族のやさしさが本人を追い込んでしまうことも有るためこの時期には注意が必要です。
このような本人の葛藤の時期を経て、和解期と呼ばれる自分が不妊であるということに正面から向き合える時期を迎えます。
この時期になると生殖心理も安定し、現実をしっかりと見つめられるようになり、冷静な状態で自分の今後の人生設計を行える様になります。
日本生殖医療心理カウンセリング学会では生殖心理に付いて日々研究を行いながら、早期に生殖心理における和解期に導けるような方法を行っています。生殖心理カウンセラーは実際の不妊の人に寄り添いながらその心理状態を安定させることに努めてくれます。