生殖心理カウンセラーに必要な資格について

不妊治療への関心が非常に高まってきています。
今では、社会的な課題としての取り組みが求められ、公的な扶助がなされるまでに問題の重要性が認識されるまでに至りました。
また、日本においては生殖医療は目覚ましい発展を遂げ、医療技術の進歩は劇的に向上を示しました。
不妊に悩んでいる人々には、大きな喜びをもたらしたことは明白な事実です。
とはいうものの、不妊治療における心のケアの問題に対しては、まだまだ多くの課題を残しているのは否定できません。
不妊治療は肉体的にもメンタル的にも、非常に苛酷なものがあります。
苦しんでいる人々の声に率直に耳を傾け、思いを共有することによって問題の解消に当たる人として、生殖心理カウンセラーがいます。
この生殖心理カウンセラーは、日本生殖医療心理カウンセリング学会が養成、認定しているものです。
日本生殖医療心理カウンセリング学会は、生殖医療を行うに際して、心理的なケアを施すカウンセリングについて学術的研究をより深化させる目的で立ち上げられたものです。
医師、心理士、生殖医療従事者が会員となり、会員相互の情報や知識の交流でもって、生殖医療の一層の発展に寄与することを目指しています。
もともとは、平成15年に日本生殖心理学会として発足し、平成27年に日本生殖医療心理カウンセリング学会へと改称されました。
生殖心理カウンセラーになるのに必要な資格としては、同学会が開催している養成講座を受講することが求められます。
基礎コースと専門コースとがあります。
基礎コースでは、一般心理臨床の場面で不妊体験者をクライアントとした場合に適切なサポートが行えるように、生殖医学及び生殖心理学、不妊心理学の基礎的知識を学ぶものです。
あわせて、生殖、不妊の問題のスペシャリストである生殖心理カウンセラーとしての最低限の必須知識を習得いたします。
専門コースでは、生殖、不妊の心理的問題のエキスパートである理臨床家として必要な知識とスキルを体得するものです。
講義やロールプレイ演習などの内容でもって講座が進められます。