生殖心理カウンセラーによるカウンセリングの方法:治療的カウンセリング

少子化が問題となっている昨今、日本では不妊症に悩んでいるカップルは6~7組に1組とも言われています。
決して不妊症は例外的なものではありません。
赤ん坊は、望んでもすぐに授かるものではないという当たり前過ぎる事実も、昨今、ようやく認知されてきています。
いまでは、公的な扶助でもって不妊治療に当たる施策が取り入れられ、社会としても不妊の問題に前向きに取り組んでいく姿勢が見られるようになってきました。
そんな変化もあってか、不妊治療に通うことは、たとえば虫歯の治療と同じくらい違和感のないものとなってまいりました。
ただ、不妊治療というのは、肉体的にも、またメンタル面でも苦痛の多いものなのです。
多くのストレスがたまっていき、そのことでの苦悩は想像をはるかに超えたものがあります。
医療技術の面ではかなりの進展が見られたものの、心のケアの部分では、十分な手当てがなされていないのは、否定できない事実です。
日本生殖医療心理カウンセリング学会では、不妊治療におけるメンタル面でのケアの必要性にかんがみた対応策を打ち出しています。
日本生殖医療心理カウンセリング学会が力を入れている活動の一つに、生殖心理カウンセラーを養成する事業があります。
生殖心理カウンセラーとは、不妊特有の悩みに耳を傾け、サポートをする役割を果たすものです。
悩みや苦しみをひとりで悶々と抱え込むことのないよう、その人らしい生き方を考える手伝いをするのです。
生殖心理という未開拓のジャンルではありますが、日本生殖医療心理カウンセリング学会ではその重要な位置づけに着目し、生殖心理カウンセラーを養成して、少しでも治療のプロセスにおいて悩みを抱えている人の問題解決の力になるために手を尽くしています。
生殖心理の分野でのカウンセリングは、悩んでいる人の話を傾聴し、自分でその悩みを乗りきっていける自信をもたらすものです。
生殖心理カウンセラーは治療的カウンセリングを行っているとの表現は、至って妥当なものと言えましょう。