生殖心理カウンセラーとは?

生殖心理カウンセラーとは、不妊・生殖医療の現場において、様々な心理的な問題を抱える方を支援する、生殖心理の専門家です。未だ日本では聞きなれない単語ではないかと思いますが、不妊・生殖医療と言うデリケートな臨床現場を、心理面からアプローチしていきます。

昨今、不妊治療など医療技術は進歩しましたが、そうした治療を受ける方々の心理面でのケアがなおざりになっていたきらいがあります。本来、不妊に関する問題は、非常に精神的な負担を強いられるものです。赤ちゃんが欲しいのにできないという切羽詰った思い、高額な治療費、周囲の無理解、いつまで治療を続けるのか、夫婦間の意識のズレ、治療の辛さに加えて、そうした精神的な重圧にも耐えなければなりません。生殖心理カウンセラーはそうした重圧を少しでも軽くしてもらうよう、取り組んでいます。

仕事内容としては、不妊治療や生殖医療の臨床現場で、様々な心理的な負担を抱えた人の思いに寄り添い、心理面での負担を軽くし、カウンセリングを受ける方々が自分たちで帰着点を見つけられるよう、お手伝いします。このカウンセリングを受けたことで、夫婦間の不妊治療に対する考え方の溝が埋まり、ギクシャクしたところがなくなった、という方もいます。

こんな生殖医療の現場で貴重な存在である生殖心理カウンセラーですが、資格を取得するためには日本生殖心理学会の講座を受講し、認定される必要があります。日本生殖心理学会は、日本生殖医療心理カウンセリング学会を前身とし、平成27年2月に設立されました。医師や心理士、生殖医療従事者が互いに研究し高め合うことで、生殖心理についてのさらなる研究とその理解を願っています。

これからの医療は、技術だけでは不十分と言えます。医療を受ける方の心のケアをきちんと行ってこそ、本来の「ケア」と呼べるでしょう。知名度はまだまだですが、これからの生殖心理カウンセラーの活躍には期待したいものです。

“生殖心理カウンセラーとは?” への 1 件のフィードバック

  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントは受け付けていません。