日本生殖医療心理カウンセリング学会の活動状況について

「日本生殖医療心理カウンセリング学会」は、不妊に悩むカップルの「心のケア」に対する支援のため、平成15年9月に発足しました。現在は名称を「日本生殖心理学会」と改め、活動を行っています。

主な活動内容は、学術集会の開催(2004年より年に1度)・会誌の発行・生殖医療心理カウンセリング技術に対する教育研修、生殖心理カウンセラーの養成・認定などです。

2016年度の活動状況としては、2016年2月21日に東京・虎ノ門ヒルズフォーラムにおいて第13回、日本生殖心理学会・学術集会を開催しています。テーマは「傾聴を科学する」で、様々な演者の先生を招いて講演やシンポジウム・ポスターセッションなどが行われました。2017年2月には愛知で第14回学術集会が開催されることが決定しています。

また生殖心理カウンセラー養成講座も開講されます。生殖心理カウンセラーは、不妊治療中の心の悩みによりそい、サポートする仕事です。受講可能なのは、は臨床心理士及びそれと同様の心理臨床能力及び経験を持つ者、または臨床心理学専攻の大学院生です。

この講座では、不妊や生殖医療とその心理的影響について学ぶ基礎コースと、基礎コースを修了し、より専門的・実践的な内容を学ぶための専門コースが用意されています。両方を修了すると生殖心理カウンセラー認定試験の受験資格を得ることができます。

2016年は基礎コースは7月~8月、専門コースは10月~12月にかけて講座が開かれ、12月18日に認定試験が行われる予定です。
また、不妊相談を担当している看護師や医師・各自治体の不妊専門相談員などを対象に、生殖医療相談師の養成講座も開かれます。生殖医学の基本や最新知見を学び、ロールプレイなどの演習を行い、実際に役立つスキルを身につけることができます。

2016年は7月~12月にかけて講座が開かれ、12月25日に認定試験が行われる予定となっています。

近年、不妊症に悩む患者さんが増加しています。こういった状況の中で、日本生殖医療心理カウンセリング学会が行っている活動は、今後ますます必要となってくるものだと思います。